50代のミネラルファンデーションの選び方

50代を超えた女性に多い肌の悩み

「シミ」「シワ」「たるみ」といった肌老化が原因で起こるトラブルです。
特に、50代を過ぎると、紫外線による光老化に起因した肌トラブルがより顕著に現れてきます。

 

紫外線を浴び続けると、コラーゲンやエラスチンを変成・劣化させる酵素が体内で生成され、
肌のハリや弾力を失う要因が作られてしまいます。その結果起きるのが光老化です。
若い頃であれば、コラーゲンやエラスチンの生成量が多いので問題ありませんが、
50代を過ぎると生成量が著しく低下。シワやシワ、たるみが深く濃くなっていくのです。

 

そのため、50代女性のメイクでは光老化を始めとした、肌の老化を予防しながら
トラブルを改善することがポイントとなってきます。
このことを踏まえた上で、ミネラルファンデーションの選び方を考えていきましょう。

 

紫外線防止効果の高いものを選ぶ

光老化は、紫外線を浴び続けることで起きる肌老化です。
そのため、肌老化によるトラブルを防ぐには、紫外線対策がたいへん重要。
天然成分で作られるミネラルファンデは、紫外線防止効果が低いと思われがちですが、
ほとんどの商品に酸化チタンが配合されているため、UVカット効果はしっかりとあります。

 

とはいえ、紫外線防止効果は商品によって差があるため、
SPF25を目安にとして選択することをお勧めします。
最近は、日焼け止め効果を加えたミネラルファンデも登場。
チェックしてみて下さいね。

 

保湿成分・美容成分が配合されたものを選ぶ

最近のミネラルファンデは、従来と比較してカバー力が向上しています。
しかし、肌の老化によるシミ・シワ・たるみといった問題は、
メイクアイテムのカバー力に頼るだけでは改善しません。

 

そのため、シミやシワ、たるみの原因となる乾燥や表皮細胞の劣化、
ターンオーバーの乱れなどに作用する効果を持つミネラルファンデ選びが重要です。
ミネラルファンデの中には、天然成分由来のコラーゲンやセラミド、スクラワン、レシチン
などの成分を配合したものも増えてきています。
選択の際には成分表示欄をしっかりとチェックしてみて下さい。

 

 

50代、私のミネラルファンデーションの選び方

50代、私のミネラルファンデの選び方・考え方ということで
色んな方に聞いてみました。

 

カバー力

50代のミネラルファンデーションの選び方で意識しておきたいのは、カバー力です。年齢と共に、肌の悩みというのは増えてきます。

 

ミネラルファンデーションには、光の反射や拡散により、肌を綺麗に見せてくれる効果があります。この光の反射が高いものを選べば、気になる肌の状態をしっかりとカバーしてくれる事になります。肌の悩みを隠すだけでなく、肌の悩みを解決してくれる効果のあるものを選びたいです。

 

シンプルな成分の方が肌に良いと考える人もいますが、これから先の肌の事を考えると、必要な美容成分が配合されているかどうかも重要。
50代からのミネラルファンデーションの選び方は、肌の悩みを隠し、そして解決してくれる効果があるものですね。

 

顔が白過ぎて能面のように

ミネラルファンデーションはかなり早い時期から愛用していますが、50代になってカラーの選び方が変わってきました。ミネラルファンデーションの中には、かなり白い色のものがありますよね。若い頃はとにかく美白命でしたから、ファンデーションもホワイト系のものを選んでいました。

 

けれどある時ふと鏡を見て・・・顔が白過ぎて能面のようになってしまっていることに気づきました。50代になるとどうしてもシワが増えますし、目のほりも深くなり、あまり色白にし過ぎると、幽霊っぽく見えてしまう可能性があります。

 

それからはむしろワントーン落ち着いた色のミネラルファンデーションを選ぶようになりました。選び方を変えてからは、周りからも健康そうに見えると褒められています。

 

乾燥がシワに直結する年齢なので

50代になってミネラルファンデーションの選び方は、明らかに変わりました。それまでは素肌に自信があったこともあり、完全無添加のできるだけ肌に負担をかけないもの、余計な添加物が入っていないものを重視する選び方でした。

 

確かに皮膚のことを考えると完全無添加のミネラルファンデーションが理想的です。でも40代後半、そして50代に突入してからは、妙に肌が乾燥するようになったことに気づきました。そこで気づいたのです、ファンデにも保湿成分が必要だと。

 

特にパウダータイプのファンデーションは、肌が乾燥しやすくなりますので、寒い時期に塗ってもドライスキンにならないような保湿成分が入っているものがお気に入りです。乾燥がシワに直結する年齢なので敏感です。