色白の方のミネラルファンデ、色選び

私が子供の頃、日本の若者達の間ではガン黒、小麦色肌が大ブームでした。
ここ最近は美白ブーム。一時的なものではなく根強い人気です。

 

素肌がもともと色白の方

少しでもファンデーションの色が合っていないと、顔が浮いて見えやすくなります。
また皮膚が薄かったり、シミやソバカスが目立ちやすいので、ファンデーションの色選びは慎重にしましょう。

 

色選びのポイント
色味

明るさトーンだけでなく、色味にも注目しなければなりません。
色味にはピンク系、オークル系(黄みよりの肌色)。
ナチュラル系(ピンクみも黄みも無い肌色)があります。

 

同じ色白さんでも、欧米人はピンク系の肌色の人が多く、日本人にはオークル系の人が多いです。
で、同じトーンの明るさでも、ピンク系のファンデーションはオークル系の色より明るく見えます。

 

首の色

ファンデーションの色を選ぶ時は、フェイスラインに何色かファンデーションをのせて、首の色と同じ色を選ぶのがポイントです。

 

ただし赤ら顔や黄みの強い肌色の方、血色が悪い青白い顔色の方は、欠点をファンデーションでカバーすることもできるので、首の色に合わせるのではなく、色を中和して補正できるものを選びましょう。

 

ほんのりピンク系の色白の方

通常は同じピンク系の明るい色のファンデーションを選べばよいのですが、赤みが出過ぎている肌色の場合は、ピンクみも黄みも無いナチュラル系の明るい色のファンデーションを使って、色味補正をすると良いでしょう。

 

オークル系の明るい肌色の方

同じで、 肌の黄みが強く気になる場合は、ナチュラル系の明るい色を使うと、黄みが抑えられて美しい肌色に補正されます。

 

いつも血色が悪く青白い顔色の方

ほんのりピンク系のファンデーションで血色をだすか、オークル系のファンデーションで顔全体に色味をもたせると良いです。

 

 

よく一般の方で、「欧米人のようなピンク肌になりたいから」と、オークル系の肌にピンク系のファンデーションを使ったり、逆に赤みをおさえるためにピンク系の肌色の方が、オークル系のファンデーションを使うこともあります。

 

この場合、明るさが合っていても色味が合っていないと、ファンデーションの色は浮いてしまい、首色とのギャップが出てしまいます。
気をつけてくださいね。

 

レイチェルワインのトライアルセット

今、レイチェルワインでは12色の中から2色試せるトライアルセットが、豪華特典付きで試せるキャンペーンを実施中です。
色は以下の12色。

 

 

なかなかミネラルファンデーションのトライアルで、これだけの色味が揃っているものはないので、キャンペーンが終わる前に格安トライアルセットをチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

色白の方のミネラルファンデ、色選び関連エントリー

ニキビ肌
ニキビ肌の人はどういったミネラルファンデーションがいいのでしょうか?
アトピー・乾燥・敏感肌
ミネラルファンデは、アトピー・乾燥・敏感肌でも大丈なのでしょうか?
脂性(オイリー肌)
オイリー肌の方のミネラルファンデーションについて書いています。
あなたに合ったミネラルファンデ
自分にはどういったミネラルファンデがいいのか?と悩んでる方も多いと思います。だったら、この記事。
ミネラルファンデの色選び
ミネラルファンデーションの色はどのようにして選べばいいのか?考えてみました。
ドラッグストアで
ミネラルファンデーションって、ドラッグストアで売っているの?ということで、ドラッグストアで売っているミネラルファンデについてです。