ミネラルファンデの下地

ミネラルファンデーションはそもそも下地不要のファンデーションです。
スキンケア後の素肌に直接のせてもお肌に全く負担を与えず、日焼け止めの効果もあるためサンケアを併用する必要もありません。
また、天然ミネラル成分100%で作られたファンデーションはクレンジングすら不要で、洗顔石けんのみで落とせます。
化学成分の含まれた通常の下地や日焼け止めを使う場合は必ずクレンジングをする必要があるので、お肌への負担も考えると一般的に販売されている下地や日焼け止めの併用はミネラルファンデーションの長所を生かすことができません。

 

しかしながら今までずっと日焼け止め・下地・コントロールカラーなどでしっかりとステップを踏んでベースメイクをしてきた人にとっては、スキンケア後の素肌にサラサラのパウダーを直接つけることに対して少し抵抗があるかもしれません。
また、スキンケア後のしっとりもちもちのお肌にすぐにパウダーを重ねてしまうとパウダーがつき過ぎてしまい厚ぼったくなってしまいます。

 

ミネラルファンデーションを使う前に何かもう1ステップ置きたい人にはシルクパウダーがおすすめです。
シルクパウダーは過剰な皮脂を吸着したり毛穴や肌の凹凸をカバーしてくれ、お肌もサラサラの状態に整えるのでスキンケア後の肌に使うとその後すぐにファンデーションを重ねることができます。

 

また、ミネラルファンデーションに配合されている日焼け止め効果は日常生活する分には十分なのですが、屋外にいる時間が長い人や春夏の紫外線量が多い季節にはクレンジング不要の日焼け止めを併用することもできます。
クレンジング料はお肌に負担がかかりやすいので、ミネラルファンデーション同様に洗顔石けんだけで落とせるものを使用しましょう。
日焼け止めを併用するとお肌がしっとりするので、ぬった後は少し時間を置いてからミネラルファンデーションを重ねるのがポイントです。

 

季節によって使うアイテムや方法を変えると良いので、
肌の乾燥が気になる秋冬はスキンケアでしっかりと保湿後、シルクパウダーをつけてからミネラルファンデーションはブラシでふんわり全体に重ねる。
紫外線と皮脂・汗が気になる春夏はスキンケアはさっぱりタイプのものでおこないその後クレンジング不要の日焼け止め、シルクパウダー、頬にはブラシでミネラルファンデーションをぬり、Tゾーン、目元、口元はパフでおさえるように重ねるのが美容業界で働く私からのアドバイスです。

ミネラルファンデの下地関連エントリー

カバー力
ミネラルファンデーションってカバー力なさそうだけど、どれくらいカバー力があるのでしょうか?
汗の崩れ
ミネラルファンデと汗について。汗で化粧が崩れてこないの?ということを考えてみました。
@コスメで人気
@コスメで人気のミネラルファンデは?ということで調べてみました。ミネラルファンデ選びの参考にしてください。
ミネラルファンデの乾燥対策
ミネラルファンデの乾燥対策はどうしていますか?例えば、こういう乾燥対策はどうでしょう。
ブラシの洗い方
ミネラルファンデで使うブラシはどうやって洗えばいいのでしょう?ということで、ブラシの洗い方についてです。
使用期限
ミネラルファンデーションに使用期限はあるのでしょうか?あるならどれくらいを目安に使えばいいのでしょうか?そのあたりの話です。
使い方のコツ
ミネラルファンデをどういうふうに使えばいいのか、そのコツを書いてます。参考にして下さい。
シミ・シワをしっかりカバーする方法
ミネラルファンデで、シミ・シワをしっかりカバーするにはどうしたらいいか?そのメイク法です。
仕上がりをキープする方法
ミネラルファンデはすぐ落ちないのか?仕上がりをキープする方法
ミネラルファンデで使うブラシ
ミネラルファンデで使うブラシはどんなのがいい?最適なブラシとは?
ブラシを使いたくない
肌に負担をかけたくないので、ブラシを使いたくない。 ブラシを使わずパフやスポンジで、ミネラルファンデをキレイに塗る方法
メイク直しが必要ない?
ミネラルファンデはメイク直しが必要ない?なんて聞きますが、実際のところどうなんですか?
ミネラルファンデのメイク落とし
ミネラルファンデのメイクを落とすとき、気をつけたいこととは?
夏場のミネラルファンデ
夏場、汗をかく時期のミネラルファンデを使う時に注意したいことを書いてみました。
浮いたときの対処法
ミネラルファンデが浮いたときにはどうしたらいいのでしょうか?ということで、その対処法についてです。
テカリは?
ミネラルファンデーションって、テカリはどうなんでしょう?ということで、ミネラルファンデのテカリに関してです。